四郎ちゃん | 大きな手に小さなピストル

CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
プロフィール

名前はリタ。しがない在米大学生。 趣味は恋愛と読書。 ちなみに写真はニセモノね。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
四郎ちゃん
2個前の日記で、色々考える時間がありすぎるバイトをしていたんですが
そのとき、四郎ちゃんとの歴史も振り返ってたんですよ。

楽しかったなぁ…って思いました。
ちょっとだけ、よく分からない喧嘩とかもしちゃいましたけど
今まで付き合った人の中で一番性格的に合ってたんじゃないかって。

基本的に男の人としゃべるのがあんまり得意じゃない(と思ってる)リタなんで、彼氏としゃべってておなかがよじれるくらい笑えたは四郎ちゃんだけでした。

四郎ちゃんのためなら何でもできるよ!
って程、ぞっこんではなかったけど
幸せではありました。

これも、過ぎ去った思い出だからキレイなんでしょうか。



そんで、今日…っていうか、さっきまで
久しぶりに四郎ちゃんと電話してました。
最初はメッセンジャーだったんですけどね。
就職が決まったよ!って言うから、おめでとう!って言ってあげたくて電話しました。
久しぶりにしゃべった四郎ちゃんはやっぱり楽しくて
…ちょっと別れちゃったことを後悔とかしちゃいました。

だめだなぁ、リタ。
ウシロムキすぎ。

でも、共通の友達を訪ねて
8月に福岡に一緒に行こうねって約束しちゃいました。
なんか…ね。ダメだなぁ。リタ。
| リタの恋愛 | 02:35 | comments(3) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 02:35 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
昔付き合ってた人と喋ったときに、抱く感情は大きく分けて
2通り。
「あれ?こんな人だったっけ?別れてよかったよ。」
「あぁ、別れてよかったのかな。後悔。。」

後者ですよね。
しかも互いに今はそう思ってそうな感じがします。
しかし旅行行く約束するってことは、期間を置いて
また連絡とるってことなので、「戻る」という選択肢は
先延ばしにしてもいいかもしれませんね。

大切な友達に発展する可能性もありそう。

いまは心が揺れ動く、精神的にキツい時期だとおもいますが
「イイオンナ」になるためのステップ。
この先もっといい女性になっていくんだろうなぁ、と思いながら
コメントかいてます。
| かずー | 2005/07/02 8:15 AM |
かずーさん>
そうそう。そのとおり!かずーさん大人だわぁ。
いつもコメント読みながら、ひしひしと感じるんですけどかずーさんってお兄さんチックですよね…やさしく見守ってくれてるっていうか…。
なんか、かずーさんのコメントを読んで「やり直したい」って四郎ちゃんに言っちゃいそうな衝動を抑えれました。
四郎ちゃんと別れてから、どうしても友達関係は続けたくて…でもラッテは元彼って言う存在と友達続けたことないんですよね。
そんなことが可能なのかどうか、ちょっと実験的に元彼一号くんとお食事してきました。会うのは3年ぶりとか。
見事に「別れてよかったよ」な男でした。

四郎ちゃんとは「別れてよかったのかな」って思えるような関係でいれてよかったです…日本語おかしいですね(笑)
今はとにかく、かずーさんの言ってくれたとおりイイオンナになるためのステップをがんばって登ろうかと思います。
これからも見守っててください。
| ラッテ | 2005/07/07 2:28 AM |
お兄さんかぁ。
いやいや、実際は子犬のような男なんですけどね。
ははっ、なーんてね

恋愛に生きた男が経験を踏まえペラペラと個人的な
意見を話してるだけですよ。
こうしてブログを通してやり取りできることは
至極幸せなことなんだ。とも思います。

さて四郎さん。
いまだに好きな気持ち、復縁したい気持ちはひしひしと
伝わります。
きっと電話でも、メールでも、相手にもきっと伝わって
ます。
あとは自然のながれに身を任せるのがいいと思います。

「縁」なんて本物であれば簡単に切れるもんじゃありませんから

| かずー | 2005/07/17 7:57 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chicolita.jugem.cc/trackback/357
トラックバック